EFOって良くわからない

ネットビジネスがかなり進んだ現代社会においては、星の数ほどのウェブサイトがネット上に存在することとなりました。
しかし、ネット上の商取引は主導権が完全に顧客側つまりネットを見る人にあるため、サービス提供側としては如何に多くの顧客個人情報を自分側の取り込めるかが売上拡大の大きなポイントとなるでしょう。

それでも、最近は顧客側もサービスを利用するために毎回個人情報を最初から入力しなければならないことは、サービス側から見ても客が離れて行く大きなリスクとなっています。
それはサービスには興味があるのだけど、個人情報を出来るだけ少なく入れたいと言う思いが強くなっているからです。

そこで最近は、EFO(エントリーフォーム最適化)と呼ばれる概念が定着するようになりました、つまり、サービスに興味を持って来たユーザーができるだけ負担の無い個人情報入力作業ですぐにサービスができるように利便性を高める考えとなります。
現在では個人情報保護への意識についてインターネットが普及し始めた当時よりもさらに高まり、無駄な情報を入力させるサービスを利用しない傾向になって来ているのです。

そのせいか、最近はサービス自体が独自で顧客の個人情報を管理するのは非現実的になっていて、別サービスにおけるユーザーアカウントがあれば自身のサービスのアカウントとして利用できる仕組みが急激に増えてきているでしょう。
今後はこの方式が顧客獲得の大きな手段となります。

Copyright © 2014 EFOで成果を上げる All Rights Reserved.